加藤紗里さんの「お金と結婚」「稼げない男はクズ」「お金の無い人の負け惜しみ」のような発言内容の事実検証をしてみました。

どうも亮です^^

いつも購読感謝です。

というわけで本日のテーマはあの加藤沙里さんの炎上発言について記事にしてみました。

尚、僕の感じた事は、

確かに加藤紗里さんの発言は正当で正しい発言ですが、理解できない人が、「ある理由」により一定割合居るので 炎上したのだと思います。

男から見ても 幸せはお金で買える と思うし 男で稼げないならクズ というのも理解できます。

確かにお金を稼げない人と結婚すると 悲惨な目に合うと思います。
これは僕の価値観ですが冷静に考えですが 正直言ってお金がなくても幸せだと思っていました。
些細な事で喜びを感じていましたし、今振り返ってもそう思います。
ただ、お金を一度稼いで、お金の魔力にハマってしまうとお金のない生活は考えられなくなるものです。
つまり、お金を稼いでいる人のお金の価値観と、あまり稼いでいない人の価値感は、大きく異なるのです。
なんとなく妄想では、「欲しい物がいつでも買えて、住みたい場所にいつでも住める」みたいな生活を手に入れると 恐らく正論で、「お金で得られるものを知っている」人からするとお金の不自由な生活というか、お金がない事で制限される生活には、耐えられる筈も無いので 稼げない男と一緒になるのは考えられないと思います(笑)
普通に女性は、子供も産むし子育ても中心にするのが一般的で家事だってありますので、お金が無くて 好きな服が買えないとか 遊びに行けないとか 美に金を使えないなんて、耐え続けられる方が僕から見てもおかしいと思うのです。
例えば1年我慢してとか3年我慢してならともかく 生涯、切り詰めた生活を強いられて、家事や育児なんて押し付けられたら、地獄だと思うんですよ。
もちろん、そういう生活が当たり前だと思う人jは、そういう世界しか知らないだけだと思うんですけど、僕の周りでは ごくごく普通に、家事や育児に対するフィーもお金で還元する事が普通です。
だって、子供の成長も楽しみで幸せだけど、お洒落もできないとか 車も好きな車が買えないとか、仕事をして給料日でも支払いをしたら 手元にお金が殆ど残らないとか、何の為に生きているのか分からなくなりますからね^^;
ちょうどこのネタで知り合いの女の子と話していると、やはり「お金の無い人と結婚すると不幸になる」は、ある意味 不幸に気付いてない人は多いけど正解だろうなって言ってました^^;

幸せはお金で買えるのか?ガチで検証してみた結果、足し算引き算と同じ問題でした。

で、僕も色々と経験してきたけど お金が少ないより多い方が多くの幸せ感を感じる事ができます。
お金があればあるほど、多幸感が多く得られる事は、100%事実です!
これは足し算と引き算ぐらい明確で簡単な問題です。
お金が無くても幸せという人は、すごく幸せだと思いますが、そこにお金があれば、もっと幸せになれます。
つまり、幸せのMAXは、存在しません。
死ぬまで上限はありません。
例えば お金が無くても幸せな時の幸せ数値が10とします。
そしてお金のある幸せな時の幸せ数値を50とします。
もちろん、50以上もまだまだ上を見るとキリがありませんが このようにどんどん多幸感が伸びてくると10や20には、戻れなくなるものなのです。
つまり、10で幸せだったものが いつの間にか20でも不幸だと感じてしまうのです。
なので10を超えてない人からするとそれ以上は未知の世界なので価値観が分かりませんが 少なくとも、10の状態でお金があれば もっと幸せになれる事は、確実です。
多分この世界で多幸感が得られる物は、一番はお金だと思います。
そしてお金が増え続ける事だけで多幸感が減少する事は、普通は、ありません。(お金に溺れるとかは、別次元の話です。)
つまりお金があると幸せは買える という論は、100%正解なのです。
お金がなくても幸せ論を述べる人においても、「お金があればより幸せになれる」は事実です。
むしろこれは、お金がある幸せと お金がない幸せの比較ではなく、「お金で幸せは、買えるのか」という事なので、むしろ100%と言い切れる筈です^^

自分の正直な価値観を調べる方法

ただ、お金ばかり優先する事が正しいというわけでもありません。
しかし、一度 本当に自分の考えを知りたいなら、お金を死ぬほど稼ぐ事です。
ちゃんと お金を稼いで、お金のある生活とお金のない生活を実体験してから、ものさしで測ってみる事で答えは出せます。
これが できていない人は、お金の真の力を知らないので 「お金が無くても幸せだ」というのは、ある意味、負け惜しみレベルであるとも 考えられますし 恐らくそういう人でも経験した事がない大金を握った生活をすると 考え方も大きく変わるでしょう。
基本的にお金を稼ぎ出すと付き合う人や人間関係も確実に変わります。
なので 自分の周りには自分の年収に適した似たような人が集まり、その輪の中に居ると人間は居心地がよく感じるものです。
逆に年収が低い人が、年収の高い人達の輪の中に居ると お互いが居心地も悪く、ストレスの原因になるものです。(これは知り合い程度のレベルではなく、親密な友人関係)
遊びも買い物も生活レベルも お互いが付いていけないので話も合わないのでストレスが溜まるわけです。
しかしネットの世界では、お互いが見えないので、入り乱れてしまい好き放題自分の価値観のみをぶつけてしまうので 本来現実世界では言い合わないような論が衝突するんだろうなと 感じています。
でも加藤紗里さんという方は、芸能人みたいなので(僕はテレビもあまり見ないのでよく知りませんが) ちょっとコメントがヤンチャ過ぎるかなとも感じましたが(笑)
ただ、少なくても僕が出した答えは、
お金がなくても幸せ感は得られるけど、お金があれば、もっと幸せ感を得られる上に どんどん上を経験すると 今まで幸せだった事が、幸せに感じなくなる事は100%確実ですので どちらの意見も間違いではない。
ということです。
今では。ブログやサイトだけでも年収8桁目指せます。
僕とかでも事実、1日でサラリーマンの月収を稼ぐ事は普通にあります。
とくに珍しい事でもないし これが普通だと思っています。
お金があれば 欲しい物も我慢する必要もなくなりますし、色々な所に出かけて もっと多くの勉強をする事ができますし、今まで触れられなかったようなものにも触れる事ができるようになります。
普通にブログ記事を書くだけで多幸感が得られるだけの報酬を稼ぎ出す事は、十分可能ですので、まずは、一度稼いでいみる事を推薦します。
それでは、柴田亮でした。
最新情報をチェックしよう!