KAZMAXが自称資産50億円… なぜ300万を借りて家賃を滞納しているのか?疑問中の疑問

亮です。

実は、先日ヤフーのニュースでKAZMAXの記事を読みました。

本記事では、KAZMAXの億り人説と現状について 少し書いてみたいと思います。

 

本当にKAZMAXの資産50億説は事実なのか?
本当にお金を持っていて稼いでいるのか?
稼いでいるアピールしてお金に溺れる原因と仕組み ←これは定番です。

では順番に見ていきましょう。

 

KAZMAX(吉澤和真)とは?億り人の筈では?

元ソース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00010002-flash-ent

 

よくネットで稼いでいるとか儲けているをアピールしている人の多くは、必ず裏があるんだなと思います。

例えば情報商材などの業界でも先日には逮捕者が出ましたが… ここでも稼いでいる数字を捏造していた話が出ていました。

RYOU’s BLOG トレなう

亮です。   実は先日も同様の案件 ⇒日記を書くだけで  誰か操作させてください 拡散希望 こんな男の被害者を増やしたく…

2017年は、ビットコインで億り人が数多く出ましたし これはKAZMAXだけでは、ありませんでした。

総資産は50億円などと豪語してツイッターフォロワーも12万。

月額3万円のオンラインサロンで荒稼ぎしていたそうですが…実は裏があって、KAZMAXの知人の情報によると、

「“億り人”どころか、彼は一文無し。クレジットカードすら持っていなかったはずです。サロンで儲けているといっても、トラブル続きでカネになっていない。吉澤は、住居にも困るようになって、私に泣きついてきた。不憫に思って、部屋を借りる際に、敷金の300万円を貸したんです」

元ソース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00010002-flash-ent

さらにその60万円ほどの家賃を3か月滞納しているそうです。

 

つまり、60万円の家賃が支払えない状態だとすれば資産50億は溶かしたのかもしれません。

 

これが10月の状態です。

 

もちろんこの滞納は、お金が無いから払えないのか?あるいは、お金があるけどわざと払ってないのか?どちらかですが敷金で300万円を借りた話を考慮すると 「家賃を払うお金が無い」が事実のように思えます。

 

そして取引所にはビットコインも大量にあるような印象ですが 取引所のコインを現金化できないそうです。

そこで取引所にある?コインを担保にしてあちこちで借金をしていたというから驚きです。

 

そもそも仮想通過の取引所で現金化できなくなったトラブルのある取引所は、今のところ国外問わず聞いた事が無いです。

むしろ逆にKAZMAXが原因で お金が下せなくなっている可能性は、あるかもしれません。

いわゆる何かの違反行為などで凍結対象になっているか、あるいは存在しないか。

 

稼ぎ続けていて資産があるのに、なぜ60万円の家賃が支払えないのか?←謎

 

資産50億円も嘘か本当だったのか知りませんが いずれにせよプロのトレーダーであれば、こんな事になりません。

投資は資金管理も重要ですが家賃が払えなくなるまでお金を使う事は絶対ないと思うのです。

 

ただ、今回のようなサロンの運営や「稼いでいる方法を教えます」的な 人達の場合、表の事情と裏の事情というものは、必ずあるもの です。

ここで伝えておきたい事は、

「俺は金持っている」とか「俺は成功している」 面(ヅラ)している人間の共通点ですが 身の寸に遭わないお金を掴んで溺れるパターンが一番多い気がしますね^^;

確かに 稼いでいるという側面が無ければ、何もない一般人なわけですし、今回、こういった報道で化けの皮が剥がされていますが 恐らく今後は、なかなか表に出てきても もう以前のような集客は困難だろうなと思います。

儲かってる稼いでいる…という演出は、溺れる危険なケースが必ずある。

 

まずだいたいネットで稼いでいると必ず、寄生虫とかハイエナみたいな連中が絡んでくるものです。

とくに特別に接待をしてきたりして親交を深めてくるのです。

「困りごとがあれば いつでも連絡下さい」

「何かできる事があれば 連絡下さい。」

みたいな。

これは どの業界でもあり 色々な人が寄ってくるのです。

世間知らずの人は、ここで有頂天になり大きくなります。

 

「俺ってすごいんだな」と。

 

勘違いして 周りの人間は言いなりになると考え始める。←初期症状~中期症状

 

中には芸能人などが出てきたりするわけですよ。

 

でも この人達の狙いは、すごいから慕っているのではなく、お金に興味があるだけです。

 

お金があれば何でもできると 勘違いしていますが周りの人間は、

「有頂天にならせて うまく金を引っ張ろう」としか 考えていないのです。

 

今回のKAZMAXがどうだったかは知りませんが ここで弱みを握られるような行為

 

例えば、女、薬、その他、あまり表で言えない事 などを 調子に乗ってしてしまうと ガッツリハマるのです。

 

とくにバレると引っ張られるような行為は、他人に知られる事がリスクです。

 

逆に言えば、いつでも 揺すられる可能性がある という事と同じです。

 

チヤホヤされて良い気になって そこで一滴残さず吸い尽くされるという事も少なくありません。

 

賢い人は、稼いでも余計な人脈など作らないように心がけるものです。

 

KAZMAXに関してはよく分かりませんが、ただ少なからず、そういった傾向もあったのでは?とも思います。

 

そして今回も通報によるものですし ドップリハマった感もあるのかもしれません。

 

真相は、闇ですが くれぐれもお金を稼いでいる人は気を付けましょう。

 

11月2日のツイート…アフィリ報酬に力を入れている印象が見えたんですけど?

 

 

ちょうど このKAZMAXのツイッターアカウントを見ると、このようなプレゼントキャンペーンを公言していました。

 

 

でもって、アフィリエイトで口座開設してくれる人に当選したくなる・・とか?

 

もしかしてお金に困っているのかな?と率直に感じてしまいました。

 

口座開設のアフィリエイトを否定しませんけど、「当選させたくなりますねえ」とか 「3分でできますので」とかアフィリリンクに誘導する所は、 さすがに吹きましたが(笑)

 

リツイートした人の中から10名に10万円のアマゾンギフト券を10人に合計100万プレゼントとか書いてますが10月の時点で家賃を3か月分滞納していた人間が 払えたものなんでしょうか?

 

色々と今までの話をまとめると疑問が多いです。

 

でも本人も報道内容が事実なら、かなり精神的にも滅入っていた筈です。

 

しかし、今回のような滞納ニュースまで出てくると今後同様の活動や今までチヤホヤしてきたような人間関係も厳しいかもしれませんね。

今後は、どうするのかは気になりますが 多分以下の2点のいずれかでしょう。

消える。雲隠れ。

何か上手な言い訳を考えて活動を続けるか。

 

今後の展開は、見物ものです。

ただ 稼いでいるという演出をして成りあがった人の場合、お金がなくなると 何も残らないし すごいプレッシャーがかかります。

 

これは稼いでいなくて金欠なのに、総資産50億とか思われると、めちゃくちゃ厳しいと思うんですね。

化けの皮が剥がれない間にある程度のお金を稼ぐ事に必至になって ブランド維持を図ろうとするのですが 今回のように捕まって、次々に新ネタが出てくると どんどん崩れ去ってしまいます。

 

お金持ち演出をやめれば、もっと収入は落ちますし、何も残りませんから。

今後のKAZMAXの動向が気になるところです。

 

ネットで稼いで振り向いてもらう為には、神話が必要

 

ネットで稼ぐといっても とくにサロンもそうだし、自分のコンテンツを売るにしても 実績がものをいいます。

「この人は凄い」そう感じてもらえないと 誰も見向きしないから当然です。

 

なので自称50億というのも どこまで事実なのか知りませんが この手の話には、たいてい裏があるものです。

 

僕自身も色々な人を見てきたし、そういった「稼いでいます」のカラクリも数多く見てきましたが、稼いでいる面している人間の多くは、実は、ジリ貧で、火の車寸前になっている事が多いです。

 

僕も有名な起業家さんから融資のお願いを受けた経験もありますが 貸した事はありません(笑)

とんでもない見返りをつけてお願いされる事もありますが 貸す=踏み倒される事前提なので貸さないです。

 

少し稼いで有名になった人の最悪なパターンは お金が稼げなくなると焦り始めて

中には何年も前の預金通帳を実績と見せて、過去の栄光をいつまでも自慢し続けているような人とかも数多く居ます。(笑)

 

それじゃあ ダメなんですよ。

 

一時的にお金を稼ぐ事は、誰でもできます。大事な事は維持、継続です。

 

僕もブロガー中心でアフィリエイトで稼いだりしていますけど、一時的に本気になれば、誰でも月100万円ぐらいは、稼げると思います。

 

大事な事は、継続して稼ぎ続けられるかどうかです。

 

1回だけ、1億円稼ぎましたと聞いても何もすごくないのです。

 

例えば、何年も1億円稼ぎ続けているというのと、一時的に1億円を稼いだという人とでは、全然違うのです。

 

そして後者になると その時の通帳とか履歴を大事にしていて、何かあれば、その実績をいつもその話ばかり。

 

昔の実績は、有効期限切れのクレジットカードと同じです。

 

ただ、中には、そういった意味のないものに価値を感じる人も一定割合居るのですけどね。

 

どちらにしても、「俺は稼いでいるぞ」という部分しかアピールができないような人とは、気を付けるに越した事がありません。

 

それでは、今日はこの辺で失礼します。

 

亮でした。

最新情報をチェックしよう!